敬語とは

敬語とは、聞き手や話題の中の人物に敬意をあらわす言葉です。

日本語では立場によって言葉を使い分けます。目上の人と話す際には、敬語を使うことが重要となってきます。

敬語の種類

敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。相手に対して尊敬の気持ちや丁寧な気持ちをあらわすことができます。

尊敬語・謙譲語・丁寧語のそれぞれの意味についてご紹介します。

尊敬語

尊敬語とは、動作主に対して敬う気持ちをあらわす表現の敬語を意味します。

尊敬語の例
「いらっしゃる」「お話くださる」「指導してくださる」「ご利用なさる」「先生」「田中様」

謙譲語

謙譲語とは、へりくだった言い方で相手への敬意をあらわす表現の敬語を意味します。

謙譲語の例
「申す」「いたす」「差し上げる」「うかがう」「いただく」「まいる」「拝見する」

丁寧語

丁寧語とは、丁寧な表現を使って敬意をあらわすの敬語を意味します。

丁寧語の例
「ございます」「です」「ます」

基本の尊敬語・謙譲語・丁寧語

とくによく使う尊敬語・謙譲語・丁寧語の一覧です。

尊敬語 謙譲語 丁寧語
見る ご覧になる 拝見する 見ます
行く・来る いらっしゃる まいる 行きます
言う おっしゃる 申す 言います
食べる・飲む 召し上がる いただく 食べます
する なさる いたす します
聞く お聞きになる うかがう 聞きます
いる いらっしゃる おる います
話す お話になる お話する 話します
もらう おもらいになる いただく もらいます
会う お会いになる お目にかかる 会います
与える お与えになる さしあげる 与えます
伝える お伝えになる 申し伝える 伝えます
考える お考えになる 拝察する 考えます
渡す お渡しになる お渡しする 渡します
教える お教えになる お教えする 教えます

尊敬語と謙譲語の見分け方

尊敬語と謙譲語の違いがわからない方は非常に多いのではないでしょうか。

尊敬語と謙譲語の一番の違いは動作主(主語)です。
「動作を誰がするのか」をよく見てみると、尊敬語の場合は自分以外の相手、謙譲語の場合は自分が動作を行っています。

その動作を行っているのが誰なのかを考えることが尊敬語と謙譲語を見分けるうえで重要となります。

先生がお話になる
手短に申し上げます

「お話になる」は、自分以外の相手の動作なので尊敬語、「申し上げます」は、自分の動作なので謙譲語となります。

尊敬語と謙譲語の見分け方

  • 尊敬語と謙譲語の一番の違いは動作主(主語)
  • 尊敬語は、自分以外の相手が動作を行っている
  • 謙譲語は、自分が動作を行っている

間違えやすい二重敬語

二重敬語とは、一つの語について敬語を二重に使った語のことを言います。目上の人に対して丁寧に言おうとするあまり、二重敬語になってしまうこともよくあるのではないでしょうか。

二重敬語がなぜいけないかの理由は、敬語は本来敬意をあらわすものですが、二重に誤用することで、失礼にあたってしまうためです。

二重敬語の代表格は「なられる」と「させていただく」です。ここでは特に間違えやすい二重敬語をご紹介します。

間違えやすい二重敬語トップ10

もとの語 間違った敬語 正しい敬語
見る ご覧になられる ご覧になる
帰る お帰りになられる お帰りになる
言う おっしゃられる おっしゃる
来る お越しになられる お越しになる
来る お見えになられる お見えになる
話す お話しになられる お話しになる
戻る お戻りになられる お戻りになる
食べる・飲む 召し上がられる 召し上がる
見る 拝見させていただく 拝見する
行く うかがわせていただく 伺う

たとえば「ご覧になる」は尊敬語であり「なられる」も尊敬語のため二重敬語となります。「拝見する」は謙譲語である「させていただく」も謙譲語で、こちらも二重敬語です。

ただし、例外的に慣用表現として許容される二重敬語もあります。

慣用表現として許容されている二重敬語
お伺いします。(謙譲表現「お」+謙譲語)
お召し上がりになります。(尊敬表現「お」+尊敬語)
ご案内申し上げます。(謙譲表現「ご」+謙譲語)

上記については、使ってもよいとされていますが、相手の立場によっては気にすることもあるので、使わないほうが無難です。

二重敬語とは

  • 一つの語について敬語を二重に使った語のこと
  • 二重敬語の代表格は「なられる」と「させていただく」
  • 例外的に慣用表現として許容される二重敬語もある

まとめ

敬語について解説しました。

尊敬語・謙譲語・丁寧語については、間違えやすく苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。

それぞれの特徴や使い方、例をしっかりと覚えて敬語を使いこなせるようになりましょう。