文の構造には、単文・重文・複文・重複文の4種類があります。

それぞれの特徴についてご紹介します。

単文とは

単文(読み方:たんぶん)とは、述語が1つの文のことです。最もシンプルな文の形です。

私は本が好きです
(主語+述語)

重文とは

重文(読み方:じゅうぶん)とは、単文が2つ以上並列に重なった文です。接続詞で結ばれていることが多いので、切り離すことができます。

私は本が好きで、弟はスポーツが好きです
(主語+修飾語+述語、主語+修飾語+述語)

複文とは

複文(読み方:ふくぶん)とは、1つの単文の中に単文が組み込まれている文のことです。英語では、I think that〜のように、文の中に主語+述語が含まれている形です。

私は父が買ってくれた絵を大切にしている
[主部(主語+述語)]+述語

日本語の複文はややこしく、文章をわかりにくくする原因となります。複文のタイプは以下のように分かれます。

複文のタイプ

(1) 連体修飾節タイプ
名詞を修飾しているタイプ。

彼女が作ったケーキは、おいしかった。

単文にすると、「彼女がケーキを作った。美味しかった」となる。

(2) 名詞句化タイプ
「こと」や「の」を伴って名詞になったタイプ。

テーブルの上のケーキを食べたのは、私です。

単文にすると、「テーブルの上にケーキがある。食べたのは私です」となる。

(3) 引用をあらわすタイプ
文中に「」があるタイプ。

彼は、僕はケーキを食べてないと言った。

単文にすると、「彼は言った。ケーキを食べてないと」となる。

(4) 副詞節
述語を修飾して、原因・理由、目的、条件などをあらわすタイプ。

おなかが空いていたので、ケーキを食べた。

単文にすると、「おなかが空いていた。だからケーキを食べた」となる。

重複文とは

重複文(読み方:じゅうふくぶん)とは、重文と複文が結合された文です。

私は毎晩仕事終わりにのんびりしながら飲むお酒が大好きだ

単文にすると、「私は大好きだ。毎晩仕事終わりに飲むお酒が。のんびりしながら飲むお酒が」となる。
※毎晩仕事終わりに飲む、と、のんびりしながら飲む、が両方お酒にかかっている複文。

単文・重文・複文・重複文を見分けるコツ

単文・重文・複文・重複文を見分けるには、述語を探すことがポイントです。

単文・重文・複文・重複文を見分けるコツ

  • 述語が1つであれば単文。
  • 述語が2つ以上で、単文が単純に2つ連結した形であれば重文。
  • 述語が2つ以上で、文の中に述語が入り込んでいる形であれば複文。
  • 述語が2つ以上で、単文が連結したものが文中に入り込んでいれば重複文。

まとめ

単文・重文・複文・重複文の違いについて解説しました。

違いを理解し、日頃文章を読む際に意識しながら読むことで、文の構造を見分けられるようになりましょう。