謙譲語とは

謙譲語とは、へりくだった言い方で相手への敬意をあらわす表現の敬語を意味します。

日本語では立場によって言葉を使い分けます。謙譲語・尊敬語・丁寧語などの敬語を使うことで、相手に対して尊敬の気持ちや丁寧な気持ちをあらわすことができます。

おもな謙譲語の一覧

謙譲語には、以下のようなものがあります。

謙譲語の例
「申す」「いたす」「差し上げる」「うかがう」「いただく」「まいる」「拝見する」

謙譲語の例文

謙譲語は、以下のように使うことができます。

この仕事は私がいたします。(「する」の謙譲語)
資料を拝見しました。(「見る」の謙譲語)
いただいた品は大切に保管してあります。(「もらう」の謙譲語)
お客様との会食の席へ伺う。(「行く」の謙譲語)
明日は一日中会社におります。(「いる」の謙譲語)

おもな謙譲語の種類

(1) 謙譲の意味を含む体言

「わたくし」「せがれ」「家内」「手前」など

(2) 尊敬の意味をあらわす接頭語や接尾語

「小」「愚」「拙」「弊」「粗」「ども」「め」など

(3) 尊敬の意味を含む尊敬動詞

「申す」「いたす」「差し上げる」「伺う」など

尊敬語と謙譲語の見分け方

尊敬語と謙譲語の違いがわからない方は非常に多いのではないでしょうか。

尊敬語と謙譲語の一番の違いは動作主(主語)です。
「動作を誰がするのか」をよく見てみると、尊敬語の場合は自分以外の相手、謙譲語の場合は自分が動作を行っています。

その動作を行っているのが誰なのかを考えることが尊敬語と謙譲語を見分けるうえで重要となります。

先生がお話になる
手短に申し上げます

「お話になる」は、自分以外の相手の動作なので尊敬語、「申し上げます」は、自分の動作なので謙譲語となります。

尊敬語と謙譲語の見分け方

  • 尊敬語と謙譲語の一番の違いは動作主(主語)
  • 尊敬語は、自分以外の相手が動作を行っている
  • 謙譲語は、自分が動作を行っている

まとめ

謙譲語について解説しました。ポイントは2つです。

謙譲語とは

  • 謙譲語はへりくだった言い方で相手への敬意をあらわす表現
  • 尊敬語と謙譲語の違いは動作主

うっかり間違えてしまう敬語ですが、練習することで使い方を覚えることができます。とくにビジネスの場面で目上の人やお客様と話す際には必須です。くりかえし復習して、正しい言い方を無理なく身につけましょう。