dehaze
独立語とは

独立語(どくりつご)の例や一覧・品詞を解説

独立語とは何か、意味や品詞について解説します。独立語の見分け方について、例文や一覧を交えてわかりやすくご紹介しますのでぜひご覧ください。

pro writers
独立語は、他の文節とは関係なく、呼びかけ・感動などをあらわす働きをする文節です。「まあ」「はい」「もしもし」などが独立語の一例です。この記事では、独立語とは何か、独立語の見分け方について解説します。

独立語とは・意味

独立語は、他の文節とは直接関係がない文節のことです。独立語とそれ以外の文節の関係を、独立の関係といいます。

文節とは

文節は、意味がわかる一番小さな単位の区切りのことです。文節に区切るには、「ネ」や「ヨ」を入れて自然な場所で区切ることがポイントです。

文節などの言葉の単位の基本やポイントについては、言葉の単位の記事で紹介しています。

独立語の例

日本語の独立語の一覧の例です。

さあ、出かけよう。
はい、その案件は私が担当しました。
山田くん、早く準備を終わらせなさい。
わがまま、それが嫌われる原因ではないか。

独立語の一覧・種類

日本語の独立語は大きく4つの種類に分けることができると覚えておきましょう。独立語の分類の一覧をご紹介します。

(1) 感動

感動(驚き、喜び、悲しみ、怒り、疑い)をあらわします。

「あら・ああ・あれ・えっ・おお・おや・まあ・やれやれ」

(2) 呼びかけ

呼びかけをあらわします。

「もしもし・こら・これ・これこれ・さあ・そら・それ・どれ・ね・ねえ・もし・やあ・やい」

(3) 応答

相手から言われたことに応じて答えます。

「ああ・いいえ・いや・うん・ええ・はい」

(4) あいさつ

あいさつの気持ちをあらわします。

「こんにちは・こんばんは・さようなら・おはようございます」

独立語の品詞

感動詞、名詞が独立語になります。独立語の後ろは「。」で区切ってもおかしくない文節です。感動詞は、「わぁ、さあ、はい、こんにちは」などで、自立語で活用がない名詞も、他の文節と独立して使うことができます。

形容詞

まとめ

独立語について解説しました。ポイントは3つです。

独立語とは

  • 独立語とはほかの文節とは関係がない文節
  • 独立語の後ろは「。」をつけても違和感がない
  • 独立語と感動詞は違う

独立語の働きについて解説しました。正しい日本語を覚えることで、相手に誤解を与えることが少なくなり、言いたいことがスムーズ伝わります。間違った文章を指摘することもできるようになるので、少しずつ覚えていきましょう。

あわせて読みたい