では「ら抜き言葉」はどのくらい広まっているのでしょうか?

実は、文化庁が発表した「平成27年度『国語に関する世論調査』の結果の概要」によると、「ら抜き言葉」を使う人が、使わない人の割合を上回り多数派になったそうです。

時代の変化に伴い言葉も変化しているので、必ずしも「ら抜き」はだめだ! というわけではありません。

しかし、文法上誤りのため、文章や目上の人との会話、ビジネス文章やきちんとした文章では使わない方がよいとされており、直す必要がありそうです。

ただ、ら抜き言葉は敬語と並んで難しいとされているので、この記事を読んでいるあなたも「ら抜き言葉はとにかく難しそうだ……」と思っているのではないでしょうか。

しかし、ポイントを押さえれば「ら抜き言葉」を理解することはそれほど難しくありません

今回の記事では、
・ら抜き言葉のよくある例
・ら抜き言葉の見分け方
についてすべて解説します。

「ら抜き言葉」とは?

まずは「ら抜き言葉」とは何かをおさらいします。

「ら抜き言葉」とは、可能の意味の「見られる・来られる」などを「見れる・来れる」のように「ら」を抜いて言う言い方のことを意味します。

「ら抜き言葉」のよくある例

次に「ら抜き言葉」の例をご紹介します。つい使っているものはありませんか?

ら抜き言葉のよくある例

  • 服を着れる(「着れる」が正しい)
  • こっちに来れる(「来れる」が正しい)
  • 辛いものも食べれる(「食べれる」が正しい)
  • 朝早くても起きれるよ(「起きれる」が正しい)
  • なんでも自分で決めれる(「決めれる」が正しい) 可能の意味の「ら」を入れ忘れているのが「ら抜き言葉」です。

「ら抜き言葉」の原因1. 可能動詞の誤用

「ら抜き言葉」は可能動詞を間違って使うことで起こります。
可能動詞とは、例えば「書ける」「読める」「帰れる」などです。
これら可能動詞は、1語で「できる」という意味を持ちます
なお「書く」と「書ける」は別の動詞です。

可能動詞の例

(五段活用の動詞)-- 書ける(可能動詞)
(五段活用の動詞)-- 読める(可能動詞)
(五段活用の動詞)-- 帰れる(可能動詞)

可能動詞のなりたち

もともと可能動詞は、「帰る」などの五段活用の動詞の未然形に、可能の助動詞「れる」がついて、1つの単語に転じたものです。

可能動詞の作り方
帰る(五段活用の動詞)

帰られる(「帰る」の未然形に助動詞「れる」がついた形。転じる前なので違和感がある言葉です)

ける(帰られるが転じて可能動詞になった形)

 

可能動詞とは

  • 1語で「〜することができる」という意味を含む動詞
  • 元々は五段活用の動詞から作られている
  • 転じて下一段活用となり命令形がない

可能動詞の使用方法を誤ると「ら抜き言葉」になる

これまで説明したように、可能動詞は、本来、五段活用の動詞から転じて作られるものです。
それを、誤って五段活用の以外の動詞から作ってしまうことでら抜き言葉となります。

ら抜き言葉の勘違い
見る(上一段活用の動詞)

れる(「見る」の未然形「見」に助動詞「れる」がついた形。ここで言葉が成立しているので転じる必要はない)

れる(「見る」の語幹に「れる」をつけてしまった形)

可能動詞を誤用している例

  • 「見る(上一段)」を「見れる」と誤用(正しくは「見られる」)
  • 「出る(下一段)」を「出れる」と誤用(正しくは「出られる」)
  • 「食べる(下一段)」を「食べれる」と誤用(正しくは「食べられる」)
  • 「起きる(上一段)」を「起きれる」と誤用(正しくは「起きられる」)
  • 「来る(カ変)」を「来れる」と誤用(正しくは「来られる」)

「らぬき言葉」の原因2. 助動詞を接続する際の誤り

ら抜き言葉のもう1つの原因は、可能の意味の助動詞の「られる」を用いなければならない場面で、助動詞の「れる」を使ってしまうです。
「れる・られる」のどちらをつけるかは、前の動詞の活用の形を見ることで判別できます。

れる・られるの見分け方

  • 「られる」:直前の動詞が上一段活用、下一段活用
  • 「れる」:直前の動詞が五段活用の動詞

五段活用・上一段活用・下一段活用は、「〜ない」をつけることで簡単に見分けることができます。

動詞の活用の見分け方
五段・上一段・下一段を見分けるには、「〜ない」をつけます

  • ア段の音+ない:五段活用
  • イ段の音+ない:上一段活用
  • エ段の音+ない:下一段活用

※ 上一段と下一段は、ウを中心にイは上にあるので上一段、エは下にあるので下一段という名前がついています。

直前の動詞が上一段活用や下一段活用で、本来「られる」を使う場面で、誤って「れる」をつけることで間違いが発生します。

簡単にできる「ら抜き言葉」の見分け方

ここまでの内容で、可能動詞や助動詞「れる・られる」の使用方法を誤ると「ら抜き言葉」になってしまうことをご理解いただけたと思います。

では文章中の言葉がら抜き言葉かどうか見分けられる方法はあるのでしょうか。

ぜひ実践してもらいたい簡単な「ら抜き言葉」の見分け方をご紹介しますので、参考にしてみてください。これで大部分は見分けることができます。

ら抜き言葉の見分け方
1. 直前の動詞を言い切りの形に戻します
2. 動詞を未然形の形にします。(「〜ない」をつけると未然形になります)
3. 「〜ない」の直前がイ段・エ段であれば「られる」をつけます。
4. それ以外の場合は「れる」をつけます
※いきなり未然形にできる方は、1をスキップして2を行なって構いません。

ら抜き言葉の見分け方

例えば、
「食べる」には「れる」をつけるか「られる」をつけるかを見分ける場合を例にとって紹介します。

「食べる」に「れる」「られる」どちらをつけるか見分けたい場合
1. 終止形に戻す「食べる」
2. 未然形にする「食べない」
3.「〜ない」の前はエ段→「られる」をつける

という流れになります。

さらに詳しく。可能動詞と助動詞の可能とは

ここまでで、「れる」と「られる」のどちらをつけるかは見分けられるようになったと思います。

さらに詳しく知りたい方のために可能動詞の見分け方をご紹介します。必要ない方は読み飛ばしてください。

ここまでご説明すると、「可能動詞」と「助動詞の可能」はどちらも可能の意味を持つが、その違いが分からない、という方がよくいらっしゃいます。

「可能動詞」と「助動詞の可能」の例としては、次のようなものがあります。

どちらも可能の意味をあらわす「可能動詞」と「助動詞の可能」の例

助動詞「れる」の動詞の例 可能動詞の例
書かれる、行かれる、読まれる 書ける、行ける、読める

ほとんどの方は、書かれる・行かれる・読まれるのような言い方に違和感を感じるのではないかと思います。同じ可能の意味をあらわす言葉ですが、現代では、可能の意味で助動詞「れる」を使うケースは少なく、「行かれる」は受け身や尊敬をあらわすときしか使われなくなってきました。

文法上はどちらも正しいのですが、一般的に使用するのは「行かれる」ではなく「行ける」です。

「可能動詞」と「助動詞の可能」の見分け方

可能動詞と助動詞の可能の見分け方としては、「れる」を「ない」に言い換えてみることです。「れる」を「ない」に言いかえられれば助動詞です。

「行かれる」と「行ける」はどちらが可能動詞で、どちらが助動詞の可能か
「行かれる」:「れる」は「ない」に置き換えられるので、助動詞の可能
「行ける」:置き換えできないので可能動詞1語。

ら抜き言葉の練習問題

ら抜き言葉について、かなり理解できたかと思います。さらに理解を深めたい方のために、練習問題を用意しました。

下線の部分は、A・Bどちらが適切な言い方でしょうか。

(1)
A:辛いものが苦手なのでトムヤムクンは食べられない
B:辛いものが苦手なのでトムヤムクンは食べれない

(2)
A:傷が回復しやっと起きられるようになりました。
B:傷が回復しやっと起きれるようになりました。

(3)
A:今回の滞在ではいつまでいれるのですか。
B:今回の滞在ではいつまでいられるのですか。

(4)
A:たくさん練習したのでひらがなが読めるようになった。
B:たくさん練習したのでひらがなが読められるようになった。

(5)
A:挨拶回りで疲れてしまいもう一歩も歩けれない
B:挨拶回りで疲れてしまいもう一歩も歩けない

(6)
A:鉢が重かったので学校までは持ってこれませんでした。
B:鉢が重かったので学校までは持ってこられませんでした。

(7)
A:背が伸びてやっとこの服が着れるようになった。
B:背が伸びてやっとこの服が着られるようになった。

(8)
A:弟がスキーを滑れるようになって本当に嬉しい。
B:弟がスキーを滑られるようになって本当に嬉しい。

(9)
A:これだけの予算があれば好きなものが買えられるだろう。
B:これだけの予算があれば好きなものが買えるだろう。

(10)
A:山下さんがこんなにひどいことをするなんて考えれない。
B:山下さんがこんなにひどいことをするなんて考えられない。

正解
(1) A
食べるは未然形「食べない」の形にすると「エ」段音なのでられるをつけます。文化庁の言葉遣いに関する発表でもら抜き言葉の例として「食べれる・食べられる」が取りあげられました。

(2) A
起きるは未然形「起きない」の形にすると「イ」段音なので「られる」をつけます。

(3) B
いるは未然形「いない」の形にすると「イ」段音なので「られる」をつけます。

(4) A
読めるはもともとが読む(五段活用)の可能動詞なので、読めるが正しいです。

(5) B
歩けないはもともとが歩く(五段活用)の可能動詞なので、歩けるが正しいです。

(6) B
「くる」はカ行変格活用の動詞です。カ行変格活用の動詞にはられるがつきます。カ行変格活用の動詞は「来る」だけです。文化庁の言葉遣いに関する発表でもら抜き言葉の例として「来られる・来れる」が取りあげられました。

(7) B
着るは未然形「着ない」の形にすると「イ」段音なので、られるをつけます。難関校の入試問題でも「着られる・着れる」の問題が出題されました。

(8) A
滑れるはもともとが「滑る」の可能動詞です。過去にNHKが「滑れる」をら抜き言葉だと勘違いし誤って「滑られる」とテロップをつけたことでも話題となりました。

(9) B
買えるはもともとが「買う」の可能動詞なので、買えるが正しいです。

(10) B
考えるは未然形「考えない」の形にすると「エ」段音なので、られるをつけます。文化庁の言葉遣いに関する発表でもら抜き言葉の例として「考えられない・考えれない」が取りあげられました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ら抜き言葉について解説しました。

ら抜き言葉は難しく感じますが、活用形を見分けることで判断することができます。動詞に「ない」をつけア段か、イ段か、エ段かをしっかり確認してみましょう。

文法を理解したうえで、一度日常の生活でも意識して文章を見て見るようにしてみてください。

#品詞
#言葉の誤用
#ライターの文章力