「ら抜き言葉」とは

「ら抜き言葉」とは、**可能の意味の「られる」から「ら」を省略して使う表現を意味します。たとえば「見られる」「来られる」から「ら」を抜くことで、「見れる」「来れる」のような「ら抜き言葉」に変化します。

日常生活ではよく耳にする「ら抜き言葉」ですが、文法上は誤りだとされています。しかし平成27年の文化庁の調査では、「見られる」「出られる」などにおいて、「ら抜き言葉」を使う人が、本来の言葉を使う人の割合を上回り多数派になっています。ここから、言葉によっては「ら抜き言葉」が定着しつつあると言うことができます。
出典:文化庁『平成 27 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要』

一方で、新聞などでは「ら抜き言葉」を目にする機会はほとんどなく、あらたまった場での「ら抜き言葉」はまだ認められていないと言えます。

「ら抜き言葉」のよくある例

「ら抜き言葉」の例として、「食べれる」などがあります。本来含まれているべき「ら」が抜けています。

「ら抜き言葉」の例

  • 服を着れる(「着れる」が正しい)
  • こっちに来れる(「来れる」が正しい)
  • 辛いものも食べれる(「食べれる」が正しい)
  • 朝早くても起きれるよ(「起きれる」が正しい)
  • なんでも自分で決めれる(「決めれる」が正しい)

【もっと詳しく】なぜ「ら抜き言葉」は起きるのか

「ら抜き言葉」の原因は、本来「られる」をつけて可能の意味をあらわす種類の動詞に、誤って「れる」をつけることです。「〜できる」という可能の意味をあらわしたい時に、動詞の種類によってうしろに「れる」をつけるのか「られる」をつけるのかが異なるのです。この選択を誤ることで、「ら抜き言葉」が発生すると言われています。たとえば「見る」を可能表現にするには「られる」をつけて「見れる」とするのが本来の形ですが、誤って「れる」をつけることによって「見れる」という「ら抜き言葉」の形になります。

可能の意味をあらわす時には、「れる」をつける動詞と、「られる」をつける動詞がある

可能の意味をあらわしたい時に「れる」をつけるのか「られる」をつけるのかは、「れる」や「られる」を接続させる動詞の種類によって異なります。五段活用の動詞の場合には「れる」を、一段活用やカ行変格活用の動詞の場合には「られる」をつけます。

動詞の活用の見分け方
五段・上一段・下一段を見分けるには、「〜ない」をつけます

  • ア段の音+ない:五段活用
  • イ段の音+ない:上一段活用
  • エ段の音+ない:下一段活用

※ 上一段と下一段は、ウを中心にイは上にあるので上一段、エは下にあるので下一段という名前がついています。

「れる」をつけて可能の意味をあらわすのは、五段活用の動詞

語幹に「れる」をつけて可能の意味をあらわすのが、五段活用の動詞です。五段活用とは、後ろに「ない」をつけて未然形の形にした際にア段で終わる動詞です。たとえば「書く」を可能の意味にした「書ける(書く+れる)」、「遊ぶ」を可能の意味にした「遊べる(遊ぶ+れる)」などが、「れる」をつける動詞です。

五段活用の動詞+「れる」の例

  • 書ける(書く+れる)
  • 遊べる(遊ぶ+れる)
  • 読める(読む+れる)
  • 歩ける(歩く+れる)
  • 泳げる(泳ぐ+れる)

「られる」をつけて可能の意味をあらわすのは、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞

「られる」をつけて可能の意味をあらわす言葉には、上一段活用・下一段活用の動詞と、「来る」の3種類があります。上一段活用とは、後ろに「ない」をつけて未然形の形にした際にイ段で終わる言葉。下一段活用はエ段で終わる言葉です。カ行変格活用の動詞は「来る」だけです。たとえば、「食べる(下一段活用)」「起きる(上一段活用)」を可能の形にする場合には、「食べる」の語幹「食べ」に「られる」をつけて「食べられる」となり、「起きる」の語幹の「起き」に「られる」をつけて「起きられる」となります。

国語文法では、上一段活用、下一段活用の二つに分けて考えますが、日本語文法では、両方をあわせて一段活用と考えます。日本語文法で考えた場合、「一段活用」と「来る」だけが「られる」を伴う言葉であるため、よりシンプルに理解することができます。

_

上一段・下一段・カ行変格の動詞+「られる」の例

  • 下一段活用の動詞:例「食べる」→「食べられる」(食べ+られる)
  • 上一段活用の動詞:例「起きる」→「起きられる」(起き+られる)
  • カ行変格活用の動詞:例「来る」→「来られる」

「ら抜き言葉」の練習問題

「ら抜き言葉」に対してさらに理解を深めたい方のために、練習問題を用意しました。

下線の部分は、A・Bどちらが適切な言い方でしょうか。

(1)
A:辛いものが苦手なのでトムヤムクンは食べられない
B:辛いものが苦手なのでトムヤムクンは食べれない

(2)
A:傷が回復しやっと起きられるようになりました。
B:傷が回復しやっと起きれるようになりました。

(3)
A:今回の滞在ではいつまでいれるのですか。
B:今回の滞在ではいつまでいられるのですか。

(4)
A:たくさん練習したのでひらがなが読めるようになった。
B:たくさん練習したのでひらがなが読められるようになった。

(5)
A:挨拶回りで疲れてしまいもう一歩も歩けれない
B:挨拶回りで疲れてしまいもう一歩も歩けない

(6)
A:鉢が重かったので学校までは持ってこれませんでした。
B:鉢が重かったので学校までは持ってこられませんでした。

(7)
A:背が伸びてやっとこの服が着れるようになった。
B:背が伸びてやっとこの服が着られるようになった。

(8)
A:弟がスキーを滑れるようになって本当に嬉しい。
B:弟がスキーを滑られるようになって本当に嬉しい。

(9)
A:これだけの予算があれば好きなものが買えられるだろう。
B:これだけの予算があれば好きなものが買えるだろう。

(10)
A:山下さんがこんなにひどいことをするなんて考えれない。
B:山下さんがこんなにひどいことをするなんて考えられない。

正解
(1) A
食べるは未然形「食べない」の形にすると「エ」段音なのでられるをつけます。文化庁の言葉遣いに関する発表でもら抜き言葉の例として「食べれる・食べられる」が取りあげられました。

(2) A
起きるは未然形「起きない」の形にすると「イ」段音なので「られる」をつけます。

(3) B
いるは未然形「いない」の形にすると「イ」段音なので「られる」をつけます。

(4) A
読めるはもともとが読む(五段活用)の可能動詞なので、読めるが正しいです。

(5) B
歩けないはもともとが歩く(五段活用)の可能動詞なので、歩けるが正しいです。

(6) B
「くる」はカ行変格活用の動詞です。カ行変格活用の動詞にはられるがつきます。カ行変格活用の動詞は「来る」だけです。文化庁の言葉遣いに関する発表でもら抜き言葉の例として「来られる・来れる」が取りあげられました。

(7) B
着るは未然形「着ない」の形にすると「イ」段音なので、られるをつけます。難関校の入試問題でも「着られる・着れる」の問題が出題されました。

(8) A
滑れるはもともとが「滑る」の可能動詞です。過去にNHKが「滑れる」をら抜き言葉だと勘違いし誤って「滑られる」とテロップをつけたことでも話題となりました。

(9) B
買えるはもともとが「買う」の可能動詞なので、買えるが正しいです。

(10) B
考えるは未然形「考えない」の形にすると「エ」段音なので、られるをつけます。文化庁の言葉遣いに関する発表でもら抜き言葉の例として「考えられない・考えれない」が取りあげられました。

まとめ:簡単にできる「ら抜き言葉」の見分け方

「ら抜き言葉」を見分ける際には、直前の動詞の活用を確認します。直前の動詞が五段活用の場合には「れる」をつけて、上一段活用・下一段活用・カ行変格活用の場合には「られる」をつけます。上一段活用・下一段活用・カ行変格活用にも関わらず「れる」をつけている場合、「ら抜き言葉」になります。

Step 見分け方
1 動詞に「〜ない」をつけて未然形の形にする
2 「〜ない」の直前が何段になっているか確認する
3 イ段、エ段の場合は「られる」をつける。ア段の場合は「れる」をつける

たとえば「食べる」につけるのが、「れる」か「られる」かを見分ける場合には、未然形にすると「食べない」となり、下一段活用であることが分かります。そのため「られる」をつけるのが正しい形となります。

「食べる」を見分けたい場合

  1. 未然形にする「食べない」
  2. 「〜ない」の前はエ段
  3. 可能形にする場合には「られる」をつける

「ら抜き言葉」を理解して場面に応じて言葉を使い分けることで、円滑なコミュニケーションを行うための手段を身につけることができるでしょう。

#品詞
#言葉の誤用
#ライターの文章力