間違いやすい敬語例

文章や書き言葉で特に間違いやすい敬語をご紹介します。

誤った敬語 正しい敬語 レベル
●●様御中 ●●様/●●御中
御社 貴社
お世話さまです お世話になっております
●●のほう (不要)
●●になります でございます
ご覧になられる ご覧になる
おっしゃられる おっしゃる
すみません 申し訳ございません ★★
了解いたしました 承知いたしました ★★
ご教授 ご教示 ★★★

レベル 簡★ 中★★ 難★★★

様御中

様と御中は同時に使いません。個人にあてる場合は様、団体や組織の中の誰かにあてる場合には御中を用います。

山下様御中 いつも大変お世話になっております。

山下様 いつも大変お世話になっております。

御社

御社は話し言葉、貴社は書き言葉で使います。また、御社様や貴社様という表現は二重敬語です。

御社のソフトを使用しています。

貴社のソフトを使用しています。

お世話さまです

「お世話さまです」はご苦労様ですと同じ意味を持ち、目上の方には失礼にあたります。

お世話様です。昨日のお打ち合わせではありがとうございました。

お世話になっております。昨日のお打ち合わせではありがとうございました。

〜のほう

「〜のほう」はもともと方角を指し示す言葉で、丁寧の意味ではありません。

期限のほうは間に合いそうです。

期限は間に合いそうです。

〜になります

「〜になります」はものごとが変化した際に使う言葉です。

今回のお見積りは、50万円になります

今回のお見積りは、50万円でございます

ご覧になられる

「ご覧になられる」は「ご覧になる」と尊敬の助動詞「られる」の二重敬語です。正しくは「ご覧になる」です。

先日ご覧になられた原稿ですが、1点修正がございます。

先日ご覧になった原稿ですが、1点修正がございます。

おっしゃられる

「おっしゃられる」は「おっしゃる」と尊敬の助動詞「れる」の二重敬語です。正しくは「おっしゃる」です。

中村様がおっしゃられた納期で承ります。

中村様がおっしゃった納期で承ります。

すみません

「すみません」は謝罪の意味の他に感謝・依頼の意味をあらわす丁寧語ですが、ビジネスで目上の方に対しては「申し訳ありません(ございません)」を使います。

すみません。返信が遅くなりました。

申し訳ございません。返信が遅くなりました。

了解いたしました

「了解いたしました」は丁寧語ではありますが、目上の方に対しては丁寧語ではなく「承知いたしました」という謙譲語を使います。承知致しましたの別の言い方として、「承りました」や「かしこまりました」があります。

納品は金曜とのこと、了解いたしました

納品は金曜とのこと、承知いたしました

ご教授願います

ご教授もご教示も書き言葉です。「ご教授」は専門的なスキルや技術の指導を幅広くお願いする場面で使い、「ご教示」は特定の項目について教えてほしい場面で使用します。

以上3点についてご教授願います。

以上3点についてご教示願います。

まとめ

いかがでしたか?

間違った敬語の表現をしてしまうと、目上の方に対して失礼にあたってしまうだけではなく、ビジネスでの印象を悪くしてしまうため、注意が必要です。

書き言葉や文章では、表情やニュアンスでのフォローができないため、1つの間違いが命取りになりかねません。

書いた文章で気になる部分があれば、間違っている箇所がないかを丁寧に確認しましょう。

#敬語
#言葉の誤用
#ライターの文章力