決まった使い方を崩さない

助詞・助動詞は決まった使い方を崩さないようにします。日本語は書き手の心情を表す言葉が発達していて、とくに助詞・助動詞にその特徴が顕著に現れると言われています[*参考]。助詞・助動詞の種類は多岐にわたり、心情にあった助詞助動詞の使用によって、奥深い表現ができます。しかし、その豊富な種類が原因となって、見分けがつかなかったり読みにくさにつながる場合があります。そこで、誤った使い方をしないように注意する必要があります。

間違いやすい助詞・助動詞として、以下の6つがあげられます[*参考]

間違いやすい助詞・助動詞

  1. 起点の「より」
  2. 並列の「と」
  3. 並列の「たり」
  4. とりたて型の「も」
  5. 推量の「う」

1. 起点の意味の「より」は「から」に言い換える

「東京より参りました」という起点を示す助詞は「より」ではなく「から」を使います。

「より」は「時・起点」「比較」の2つの意味を持つ助動詞のため、「起点」と「比較」とで誤読が起きます。そのため起点は「から」に任せて、「より」は、「花より団子」のように比較の時にだけ使います。

比較の「より」

梨より桃が好き(比較)

起点の「より」

東京より参りました(起点)

東京から参りました

「より」を「から」に言い換えます。

2. 並列の「と」を省略しないケース

「AとB"と"の比較」という2番目の「と」は、会話では省略されることがありますが、文中で、比較対象が曖昧になる場合は省略を避けます。日本の公文書の指針となっている内閣通知では、省略して比較対象が曖昧になるときには、「と」を省略せずに書くようにと指摘されています[*出典]

港区と大阪の栄市の比較

港区と大阪の栄市の比較

悪い例では、港区とどこが比較されているか曖昧ですが、「と」を入れることで「港区」と「大阪の栄市」とが比較されていると明示できます。

3. 並列の 「たり」は連続させる

「歩いたり走ったり」のように「たり」を使って複数の概念を並べる場合には、2つ目の「たり」を省略しません。特に、並べる文章が長い場合には「たり」を省略しがちですが、並列させる概念が曖昧になるため、省いてはいけません。

夏休みは実家に帰ってゆっくり家族との時間を楽しんだり、ひたすら趣味の読書に没頭するのがよい

夏休みは実家に帰ってゆっくり家族との時間を楽しんだり、ひたすら趣味の読書に没頭したりするのがよい

2つ目の「たり」は省略できません。

4. とりたて型の「も」は意図が伝わる場合にだけ使う

「も」を使用する場合は、「も」の背景が読者に伝わるように使う必要があります。助詞「も」には、読者に対して内容を暗示する効果があります。これを「とりたて助詞」と言います。「とりたて助詞」とは、話し手の心情を暗示する表現で、言葉以上の意味を持たせることができる表現方法です。たとえば「おばあさん"も"川へ行った」と表現することで、読み手には、おじいさんも川へ行ったのだろうということが暗示されます。

ここで注意すべきなのが、「も」を使うことで、漠然とした背景を表現できるからといって、内容がまとまっていないにも関わらず、無意識に「も」を使わないようにするということです。なぜなら、書き手の頭の中では暗示ができていても、読み手には情報が足りず暗示が伝わらないことがあるためです。特に「も」は書き手が内容に自信がない時などに使いがちな表現です。「とりたて助詞」の「も」を使い方を使う際には、暗示される内容を明確にして使用ます。

弟が姉のお菓子も食べた。(食いしん坊だなという書き手の心情を言葉に込めている)

5. 推量の「う」は「だろう」に言い換える

「間違い無いと言えよう」のような推量の「う」は、「だろう」に置き換えます。「う」は〜しようという意思をあらわす場合にだけ使用します。助詞の「う」には「意思」と「推量」の2つの意味があるため、どちらの意味か判別がつかず誤読が起きやすいためです。[*出典]

意思

ゲームで遊ぼ(意思)

推量

間違いないと言えよ(推量)

間違いないだろう

「う」を「だろう」に言い換えます。

[出典]
内閣通知『公用文作成の要領』1952
[参考]
森田良行『助詞・助動詞の辞典』東京堂出版、2007