正しい係り受けを使う

副詞は、正しい「係り受け表現」を使うことに注意します。係り受け表現とは「なぜなら〜だからだ」のように、「副詞」+「決まり文句」で作られる表現です(別名:呼応表現)。文末には必ず、ペアの言葉を使います。

誤った係り受け表現を使うことは、文章のわかりにくさにつながります。その理由は、「なぜなら」「もし」といった係り受け表現をつくる「陳述副詞」は、副詞の後に続く内容を知らせる機能があるからです[*参考]。陳述副詞から予想できる内容とその後に続く内容が異なると、読み手は想像と内容が一致しなくなり、文章の把握が困難になります。次の例文は、係り受けを正しく使えていない例です。

私は明日休みます。なぜなら、母の病院に付き添います

私は明日休みます。なぜなら、母の病院に付き添うからです。

「なぜなら」に呼応して「から」が入ります。

代表的な係り受け

代表的な係り受けとして、文の終わりに打ち消し、仮定、推量、疑問、願望、たとえを伴うものがあります。

# 係り受け(呼応表現)
1 打ち消し 決して〜ない、まったく〜ない、全然〜ない
2 仮定 もし〜たら、たとえ〜ても
3 推量 おそらく〜だろう、まさか〜だろう
4 疑問 なぜ〜か、どうして〜か
5 願望 ぜひ〜ほしい(ください、たい)、どうか〜ください
6 たとえ まるで〜ようだ、ちょうど〜ようだ

1. 打ち消し

文の終わりに打ち消しを伴う表現です(禁止、否定)。

決して〜ない

彼女のことは決して忘れる。

彼女のことは決して忘れない

まったく〜ない

私は事件とはまったく関係がある。

私は事件とはまったく関係がない

全然〜ない

全然分かる。

全然分からない

2. 仮定

文の終わりに仮定を伴う表現です。

もし〜たら

もし明日彼が来るから、約束通り契約します。

もし明日彼が来たら、約束通り契約します。

たとえ〜ても

たとえ嫌われるから、本当のことを言います。

たとえ嫌われても、本当のことを言います。

3. 推量

文の終わりに推量を伴う表現です。

おそらく〜だろう

彼の本はおそらくヒットだ。

彼の本はおそらくヒットするだろう

まさか〜だろう(打ち消し推量)

先生は、まさか裏切らない。

先生は、まさか裏切らないだろう

4. 疑問

文の終わりに疑問を伴う表現です。

なぜ〜か

なぜ悪い習慣をやめないの。

なぜ悪い習慣をやめないの

どうして〜か

どうして来ないの。

どうして来ないの

5. 願望

文の終わりに願望を伴う表現です。

ぜひ〜ほしい(ください、たい)

ぜひ角が立たないように言って。

ぜひ角がたたないように言ってほしい

どうか〜ください

どうか私にも教えて教えて。

どうか私にも教えてください

6. たとえ

文の終わりにたとえを伴う表現です。

まるで〜ようだ

娘はまるで太陽だ。

娘はまるで太陽のようだ

ちょうど〜ようだ

昨日のことは、ちょうど夢だ。

昨日のことは、ちょうど夢のようだ

[参考]
陳述副詞という分類は、近代国語学の始祖である山田孝雄氏の『日本文法学概論』(1936)によって展開されました。このほか、陳述副詞に関する研究は数多くされています。より詳しい副詞の解説は、庵功雄氏らによる『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』(2001)をご参照ください。