dehaze
「足元をすくわれる」「足をすくわれる」どちらが正しい?2人に1人が不正解

「足元をすくわれる」の意味・使い方を解説

「足元をすくわれる」の意味とは何か。「足をすくわれる」「足元をすくわれる」のどちらが慣用句としてあっているのかご存知でしょうか。「足元をすくわれる」の正しい使い方を具体的な例文を交えてご紹介します。

pro writers 編集部
慣用句の中でも特に間違いが多い「足元をすくわれる」。文化庁の調査によると7割もの人が間違った使い方をしています。「足元をすくわれる」「足をすくわれる」どちらが正しい慣用句の使い方かご存知でしょうか。足をすくわれるの意味や例文を交えてわかりやすく解説します。

「足元をすくわれる」の意味とは

「足元をすくわれる」とは卑劣なやり方で、隙をつかれて失敗させられたり痛い目に合わされることを意味する表現です。

慣用句「足をすくわれる」の意味とは
卑劣なやり方で、隙をつかれて失敗させられたり痛い目に合わされること。相手に出し抜かれたり逆転されたりされる様子。

「足元をすくわれる」は間違った使い方?

文化庁「国語に関する世論調査
(平成19年、28年)」では、約7割もの人が「足元をすくわれる」が正しい使い方だと感じているという結果が出ています。

「卑劣なやり方で,失敗させられること」を何というか

調査年度 「足元をすくわれる」を使う 「足をすくわれる」を使う
平成19年 74.1% 16.7%
平成28年 64.4% 26.3%

実際には、「足元をすくわれる」は正しい使い方なのでしょうか?

実は「足をすくわれる」が正しい使い方

2人に1人以上が「足元をすくわれる」が正しい使い方だと感じていましたが、実際には「足をすくわれる」が正解です。

足元をすくわれるは、よく聞く表現ではありますが誤用です。

足元をすくわれる

「足元をすくわれる」が間違っている理由・由来

「足元をすくわれる」はなぜ間違っているのでしょうか。

足をすくわれるの「すくう」は漢字で「掬う」と書き、「払う」「払いのける」という意味をあらわします。足を払いのけられるように、支えを失わされるような様子を表現しています。

そこで、すくわれるのは足であって、足元ではないので、足元をすくわれるは間違いだと言われています。

足をすくわれるの例文・正しい使い方

「足をすくわれる」は、次のような例で使います。失敗させられる時、人に出し抜かれるような時に使用します。

足をすくわれるの使い方例
- 調子にのってると、足をすくわれるよ。
- 油断してると足をすくわれるぞ。
- 足をすくわれないように、もっと気をつけよう。
- テストの成績がよかったからといって気を抜くと足をすくわれるよ。
- 足をすくわれて、試合では負けてしまった。

おわりに

「足をすくわれる」「足元をすくわれる」のどちらが正しい使い方か理解できましたか?

慣用句の誤用は意外と多く、中でも「足元をすくわれる」はかなり間違える方が多い語です。

多くの人に読まれるための誤解のない文章を書くためには慣用句の間違いは致命的です。よい文章の書き方には多くのコツがあるので、一朝一夕にはいきませんが、少しずつ覚えていくことが大切です。

慣用句の意味をしっかりと理解し、正しく使用できるようにしましょう。

慣用句に関連した記事

pro writers 編集部

https://prowriters.jp

ライターの仕事や依頼方法などについてご紹介します。副業でフリーライターになるにはどうしたらよいかとお悩みの方をはじめ、未経験でスキルアップしたい在宅のWebライターに役立つ情報をご紹介。もっと自由に、自分らしく働けるライターへのなり方を発信します。

関連記事

新着記事