dehaze
営業に強いライターになるためのポートフォリオの作り方・ポイント

フリーライターになるためのポートフォリオやプロフィールの作成のコツ | 例・サンプル付き

ライターのポートフォリオの作り方をご紹介します。フリーランスのライター(フリーライター)が営業用のポートフォリオを作成する際のコツ・注意すること・書いておくべきことを例を交えて解説します。どんな記事や作品がかけるのかをポートフォリオやプロフィールにまとめることで、クライアントから選ばれるライターを目指しましょう。

pro writers 編集部
ライターに役立つ情報をお届けするpro writers編集部です。ライターとして独立するためにポートフォリオを作りたいと思う方は多いのではないでしょうか。しかし、ポートフォリオというと「執筆した記事をとにかくたくさん羅列しておけばよい」と勘違いをしている方が多いのが実情です。本来実力があるライターが、ポートフォリオの書き方を知らずにアピールできていないケースも少なくありません。ぜひポートフォリオを見直す際のきっかけにしていただければと思います。

ライターにとってポートフォリオが大切な理由とは?

ポートフォリオとは、ライターが書いた文章や記事をまとめた作品集のことを意味し、自己PRや営業の用途で使われます。

ライター以外にも、デザイナーなどのクリエイター職種で作られることが多いポートフォリオですが、ただ単に「私はよい文章が書けます!」と言葉で言ってアピールするのではなく、「具体的にこんなものが書けます」という実績を伝えることで、実力を認められてそこから採用につながるというメリットがあります。

単に制作物をまとめるだけでは、クライアント企業に十分に魅力をアピールすることはできません。

しっかり戦略を練りこんだポートフォリオは、最強の営業ツールになります。ライターとしての実績の中でも、クライアントが知りたい情報を中心に分かりやすく記載することて評価や採用につながります。

そこでこの記事では、

  • 営業力があるライターのポートフォリオの特徴
  • 企業の評価が高いポートフォリオとは
  • ポートフォリオの作成方法
  • ポートフォリオの例やサンプル

について、初心者や未経験のライターにもわかりやすくご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

営業力のあるライターのポートフォリオの特徴とは?

営業力のあるライターのポートフォリオは、ライターの強みや得意分野が一目で分かり、自社にマッチするのかが分かりやすくまとめられたものです。

営業力のあるライターのポートフォリオの特徴

クライアント企業は、日常的に多くのライターのポートフォリオを目にします。その中でも特に多いのは、書いた記事を単に羅列しただけのポートフォリオです。

企業は、書かれた記事の背景やメディアの全てを知っているわけではありません。自分をうまくアピールできないことは、「相手へ伝える能力が足りないライターだ」というマイナスポイントに捉えられかねません。

次に紹介するポイントを押さえ、魅力的なポートフォリオを作成しましょう。

ライターのポートフォリオの6つのポイント

ライターがポートフォリオを作る際に大切なポイント6つをご紹介します。

ライターのポートフォリオのポイント

ポイント(1) どんなメディアで書いた記事なのかを完結に説明する

ライターのポートフォリオでは、どのようなメディアで書いた記事なのか、メディアの説明を一言補足しておくことが大切です。

メディア名と記事名だけを記載したポートフォリオをよく目にしますが、忙しい企業担当者は、その記事や記事が書かれたメディアのことを知りません

「このメディアなら有名だろうから分かるだろう」ではなく、どんなメディアなのか・どのくらいの規模なのかなどを一言記載することで、自分のPRにつなげられます。

ポイント(2) 記事の中でどの部分を担当したかを補足する

ポートフォリオをみる担当者は「ライター自身が全部書いたのか、編集が入っているのか」を気にしながらポートフォリオを見ています。

ライティングのみを担当したのか・企画も行なったのか・構成や編集は別の担当がいたのかなどを補足して記載しておくことで、自分のできること・できないことや現在の実力を伝えることができます。

ポイント(3) 数字であらわせる部分は数字も入れる

「有名メディアでこんな内容の記事を書いた」という実績だけで採用につながる場合もありますが、ライターとしての収入アップを目指すなら、クライアントが求める成果を出せるライターであることをアピールする必要があります

そのためにも、これまで自分が書いた記事のPV数、コンバージョン率、いいね数、SNSでのシェア数などは、できる限り日頃から意識して保存しておきましょう。

PV数、コンバージョン率とは

  • PV数とは、ページビュー(PageView)の数のこと。そのページが閲覧されたか回数のことです。
  • コンバージョン率とは、成約率のこと。CVRとも言います。記事から制約につながったか率を表します。例えば、商品を紹介した記事から購入につながった割合や、お片づけに関する記事から家事代行サービスの予約につながった割合のことです。それぞれのメディアや記事によって何をコンバージョンに設定しているかは異なります。

PV数やいいね数を一般公表していないメディアの場合には、「他の記事の何倍」「約●万PV」などの記載でも構いませんので自分が書いた記事の反応を記載しておきます。

ポイント(4) ポートフォリオに出す記事は取捨選択する

ポートフォリオの目的は、クライアントに実力を示し採用してもらうことです。また、クライアントは全ての記事に目を通してくれるわけではありません。紹介する記事は数が多すぎるとかえって印象がぼやけてしまうため、記事は厳選しましょう。

ポイント(5) 情報は整理してまとめる

情報をポートフォリオにまとめる際には、同じジャンルのものはまとめたり、ジャンルごとに見出しをつけて整理し、一目で見てわかるようにしておきましょう。

また、ポートフォリオは必ずしも時系列である必要はありません。後ろの方になると見てもらえなくなってしまう可能性もあるので、見て欲しいもの・自分の得意としているものから前の方に書きます。

ポイント(6) ポートフォリオを定期的に更新する

ライター経験が長い人ほど意外とできていないのが、ポートフォリオの定期的な更新です。営業をする必要がない場合には、そもそもポートフォリオの更新自体が不要ですが、そのようなケースは稀です。

チャンスが巡ってきた際にさっと出せるようにポートフォリオは数ヶ月に1回は見直して、最新の情報に更新しておきましょう

ライターのポートフォリオの作り方

では、ライターはどのようにポートフォリオを作ったらよいのでしょうか?

ライターのポートフォリオは、一般的な履歴書のようにフォーマットが決まっているわけではありません。また、Webライター・紙媒体のライターでは作り方が少し異なります。次に紹介する作り方を参考に、実績やスキルがアピールできるようなポートフォリオを作成しましょう。

Webライターのポートフォリオの作り方

Webを中心に活動しているフリーランスのライターは、自分のウェブサイトやブログでポートフォリオのページを作成するケースがほとんどです。

ブログやウェブサイトでポートフォリオを作る場合には
WordPressで構築する
はてなブログで書く
noteで書く
アメブロで書く
という方法が簡単です。Webの構築にそれほど詳しくないという場合は、WordPressではなく、まずは無料ブログで簡単なものを作ってみることをオススメします。

Webライターのポートフォリオの作り方

無料ブログでは、はてなブログ、note、アメブロがメジャーですが、どれを選んでも大きな差はありません。それぞれの無料ブログの特徴としては、次のようなものが挙げられます。

・はてなブログ
SEOに強い無料ブログ。簡単な操作性でいわゆる「ホームページ」のようなブログを作ることができます。検索流入を期待することもできます。

・note
「書くこと」に特化した無料ブログ。機能は多くなくSEOに強いわけでもありませんがシンプルで書きやすいエディターのためライターに人気です。書いた文章を販売することもできます。

・アメブロ
昔からある無料ブログ。ユーザー数が多い巨大コミュニティで主婦や芸能人が書いています。あまりイマドキ感があるブログではありませんが、安定して書くことができます。

どの無料ブログで書くか迷った場合には、まずはnoteからはじめてみるのが手軽でおすすめです。そのあと、必要に応じてはてなブログなどでもっとしっかりしたものを作ってみてはいかがでしょうか。

雑誌・紙媒体のライターのポートフォリオの作り方

紙を中心に活動しているライターの場合は、執筆実績をファイリングしておいて必要に応じて提出します。ファイリングは基本的にはA4サイズで行います。

雑誌や紙媒体のライターのポートフォリオの作り方

ライターによって作り方は異なりますが、書いた記事をそのままファイリングしておく方法と、記事をスキャンしたものをWordなどでまとめる方法があります。

記事をスキャンしたものをWordなどでまとめる方法は、執筆した記事が多い方におすすめです。複数記事をまとめて1枚の紙にまとめることもできますし、記事に対するコメントを追加することもできるので、余裕がある場合にはこちらの方法を選びます。

必要な場合にさっと出して見せられるようにしておきましょう。

ライターのポートフォリオの例・サンプル

Webライターのポートフォリオの例として、NG例とOK例をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

NG例「とにかく執筆歴を羅列したポートフォリオ」

執筆した記事を羅列しただけのポートフォリオはおすすめできません。よっぽどの有名メディアでないと、クライアントがメディアのことを知らないケースも多くあります。

数で勝負するだけの作品集では実力が伝わらず、「たくさん書いたんだなあ」という印象にとどまってしまいます。

NG例1
ライターのポートフォリオ例1

NG例2
ライターのポートフォリオ例2

OK例「強みが分かりやすいポートフォリオ」

よいポートフォリオとは、ライターの強みがポートフォリオだけで分かるものです。

何ができて、得意なのかを明確に記載することで、どんなことが依頼できる人なのかがイメージしやすくなります。下のほうまで見てもらえるかどうかはわからないので、年代別ではなく、強みや見て欲しいものは上の方に記載します

たまに「どのジャンルもOK」「なんでもできます」というライターがいますが、企業側からすると特徴がよく分かりません。「この分野が得意ですが他のジャンルも経験が豊富です」という書き方にしましょう。

OK例
ライターのポートフォリオ例3

ポートフォリオに記載する内容

ライターのポートフォリオやプロフィールには、次のような内容を記載します。PRしすぎる必要はありませんので、実績を正しく表現したものを書きましょう。

記載する内容の例

  • 執筆したメディア名
  • メディアの説明(月間100万PVの男性向けのメディアなど)
  • 制作期間(約1週間など)
  • 担当業務(ライティング/企画/構成/編集など)
  • 成果(PV数/いいね数)
  • 得意ジャンル(金融/ビジネス/旅行など)
  • できること(企画/構成/編集/インタビュー/写真撮影など)
  • 職歴
  • 依頼料金

職歴は書くべき?

職歴については、ウェブ上に社名を出すのが憚られるようであれば、「旅行系の会社」などの書き方でも構いません。

依頼料金は書くべき?

依頼料金については、公表しているライターとしていないライターがいます。各ライターの意向がありますが、Webライターでは料金をオープンにしているライターのほうが好まれる傾向があるようにも感じます。逆に紙媒体のライターは編集者の言い値になる傾向が強く、料金を出さないケースも多くあります。

依頼料金の書き方例

  • インタビュー記事:35,000円〜
  • コラム記事:10,000円〜
  • 企画〜記事執筆まで:50,000円〜 インタビュー記事は3000〜4000文字目安、コラム記事は1000〜2000文字の目安です。価格は参考になりますので、予算に応じてご相談に応じることもできます。ぜひお気軽にご相談ください。

ポートフォリオを作成する時の注意点

クライアントに無断で使用しない

自分が執筆したものだからといって、ポートフォリオに無断で掲載してよいわけではありません。

ポートフォリオに掲載してよいかは、執筆した媒体のクライアントとどのような契約書を結んでいるかによります。「記名記事だからよいだろう」と、クライアントに無断で使用すると契約違反につながり信用を失う恐れもあります。

ベストな方法は、契約書を結ぶ際に「ライターのポートフォリオに使用してもよい」という一文を加えることですが、既に結んでしまっている場合や契約書をきちんと結んでいない場合には、クライアントの担当者にポートフォリオとして使用してもよいかを確認します

社員として会社の名前で執筆した記事については、多くのケースでポートフォリオで使用するには問題があります。必要な場合には会社に許可を得てから使用しましょう。

まとめ

ライターのポートフォリオの書き方や注意点をご紹介しました。

ポートフォリオは上手に活用することで、最強の営業ツールになります。自分にできることや強みをしっかりと文章にして書くことで、クライアント企業にライターとしての魅力を伝えることができます。

ライティングのこだわりや、ライターとしての長所を打ち出すことで得意分野のライティング依頼の案件にもつながります。

フリーライターとしての強みが分かりやすい作品集を作り、クライアント企業へのアピールにつなげましょう。

ライターになるにはに関連した記事

pro writers 編集部

https://prowriters.jp

ライターの仕事や依頼方法などについてご紹介します。副業でフリーライターになるにはどうしたらよいかとお悩みの方をはじめ、未経験でスキルアップしたい在宅のWebライターに役立つ情報をご紹介。もっと自由に、自分らしく働けるライターへのなり方を発信します。

関連記事

新着記事