ライターに役立つ本を徹底検証

ライターの能力で大切なポイントとなるのが文章力。文章力があるからこそ、読ませる記事を書くことができるのです。そこで「文章力を鍛えたい。文章をうまく書けるように練習したい」というライターにおすすめの本をピックアップしました。

本の難易度、役立ち度合い、初心者向けなのか上級者向けなのかなどライター目線でチェックしています。実際に読んだ感想とともにご紹介しますので、ぜひ役立つ一冊を見つけてください。

ライターにおすすめの本一覧

本のタイトル 著者 対象
きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける 前田安正 ★☆☆
失礼な敬語 野口恵子 ★☆☆
日本語表記ルールブック 日本エディタースクール ★★☆
記者ハンドブック 共同通信社 ★★☆
助詞・助動詞の辞典 森田良行 ★★★
日本人のための日本語文法入門 原沢伊都夫 ★★★

★☆☆・・・初心者ライター向け
★★☆・・・中級者ライター向け
★★★・・・上級者ライター向け

1.「きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける」前田安正

ライターにおすすめの本1

きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける
作者:前田安正
出版社:すばる舎
発売日: 2013/05
メディア:単行本
Amazon 楽天

「きっちり!恥ずかしくない!文章が書ける」は、文章の練習をしたいライターにおすすめの本です。朝日新聞で編成局校閲センター長を務め、カルチャースクールでも文章講座を担当する前田安正さんの著書です。

文章を書くための基本が実用的にまとめられている

「主語を並べすぎてはいけない、書き出しに前置きを書かない」など日本語の文章を書くうえでの基本中の基本が、わかりやすい言葉でまとめられています。校閲のプロが書いた本なので、実用的で間違いやすいポイントが網羅されています

例文が非常に豊富で理解がすすむ

特筆すべきは、実際にありそうな間違い例が非常に多く用いられているという点です。初心者向けとして紹介しましたが、初心者に関わらず中級・上級者にとっても復習に役立つ書籍です。

助詞についてもわかりやすく解説

日本語で難しいとされる助詞の使い方についても、やさしい言葉で書かれているので、非常に理解がすすみます。

<その他ライター向けの情報>
前田安正さんはオンライン授業のSchooでも講座を持たれており、オンラインで聴講することもできるので(無料講座もあるようです)その入門としても文章力を鍛えたいライターが持っておきたい一冊です。

2.「失礼な敬語」野口恵子

ライターにおすすめの本2

失礼な敬語
作者:野口恵子
出版社:光文社
発売日: 2013/06
メディア:新書
Amazon 楽天

日本語の中で苦手意識を持っている人が最も多いと言われる敬語の正しい使い方をわかりやすく解説したおすすめの本です。

ライターが間違えると恥ずかしい敬語をわかりやすく紹介

「させていただく、ればと思います」など間違えやすい敬語が、誤用例を用いて丁寧に解説されています。敬語に関する様々な本が発行されていますが、この本は実用的で、間違っている理由が解説されているため理解が深まるのが特徴です。

文章だけではなくメールなどでも役に立つ

日本語を正しく書きたいという人はもちろん、メールなどで目上の方や編集担当とやりとりをする際に失礼がないようにしたいというライターも頭に入れておきたい内容です。

3.「日本語表記ルールブック」日本エディタースクール

ライターにおすすめの本3

日本語表記ルールブック
作者:日本エディタースクール
出版社:日本エディタースクール出版部
発売日: 2012/03
メディア:単行本
Amazon 楽天

わずか80ページながら、日本語の表記の基本的な内容がまとまっている本です。現代仮名遣いの注意点や、送り仮名の付け方、外来語の表記の決まり、記号の使い方の決まりなど、「文章表記のルール」が具体的な例とともに掲載されています。

読み物というより辞書

この本の使い方は読み物というよりは、文章を書くときにふと迷ったら見る辞書のような立ち位置です。一流のライターなら、日本語表記ルールブックか、このあと紹介する記者ハンドブックを持っているのは当たり前と言われるほど基本的な本です。

紙媒体のライターにおすすめだが、Webライターにも

雑誌などの紙媒体では当たり前とされる表記や記号の統一について、丁寧に書かれています。スキルアップしたいWebライターにもぜひ持っていてほしい一冊です。

<その他ライター向けの情報>
第1版(2005年発売)、第2版(2012年発売)があるので、特にこだわりがなければ新しい方を持っておくのがオススメです。

「記者ハンドブック」共同通信社

ライターにおすすめの本4

記者ハンドブック
作者:共同通信社
出版社:共同通信社
発売日: 2018/07(第13版)
メディア:新書
Amazon 楽天

新聞記事を書くうえで必要な、現代仮名遣い、送り仮名、記号などのルールが紹介された書籍です。文の書き方の基本、誤りやすい語句の一覧が掲載されています。

日本語表記ルールブックと記者ハンドブックの違い

この本は、前に紹介した日本語表記ルールブックと同様、どう表記してよいのか迷ったときに使う辞書のような立ち位置の本です。日本語表記ルールブックとの一番の違いはそのボリュームです。日本語表記ルールブックは80ページとコンパクトなのに対して、記者ハンドブックは767ページもあります。

初心者ウェブライターのレベルアップに

新聞記者でなくても、人前に出しても恥ずかしくない基本的な文章を書きたい方にオススメです。「わかりやすい日本語はだいたい書くことができるので、さらに文章をレベルアップさせたい」という方が持っているとよい一冊です。

4.「助詞・助動詞の辞典」森田良行

文章力向上おすすめの本5

助詞・助動詞の辞典
作者:森田良行
出版社:東京堂出版
発売日: 2007/09
メディア:単行本
Amazon 楽天

日本語で特に使いこなすのが難しいとされる助詞・助動詞について330ページに渡って詳しく記述された本です。助詞・助動詞1つひとつの分類・意味・使い方について例文を交えて解説されています。

文章を構造からしっかり理解したい上級者ライター向けの一冊

助詞・助動詞の使い方をマスターしたい、微妙な意味の違いを理解してコントロールしたいという上級者にオススメです。

助詞・助動詞についてはまだ初心者だという場合は、より簡単に書かれたきっちり!恥ずかしくない!文章が書けるの助詞・助動詞のコーナーを先に読んでおくことをお勧めします。

5.「日本人のための日本語文法入門」原沢伊都夫

ライターにおすすめの本6

日本人のための日本語文法入門
作者:原沢伊都夫
出版社:株式会社 講談社
発売日: 2012/09
メディア:単行本
Amazon 楽天

日本語教育専門の大学教授である原沢伊都夫さんの著書です。学校で教えられない日本語文法と国語文法の違いを言語学的な視点から知ることができます。

難しい内容だが、美しい日本語にこだわるライターにはおすすめ

「主語は重要ではない」など目からうろこの内容が論理立ててわかりやすく書かれています。特に、これまで文法嫌いだった方や、文法をより詳しく理解したい方にお勧めしたい一冊です。外国人に日本語を教える立場にある方にも役立つ日本語文法の入門書です。

文章を書く練習方法

ライターが文章を書く練習をする場合には、ただ何回も書けばよいというわけではありません。信頼できる書籍などで勉強をしながらその復習として文章を書くという方法がおすすめです。

今回ご紹介した「きっちり!恥かしくない!文章が書ける」の「おわりに」には次ような記載があります。

文章を書くことは、料理を作ることに似ている。食材を集めて(取材)、下ごしらえをし(構成)、味付けし(執筆)、盛りつけをする(推敲)。最初は、材料をどこでそろえればいいのかが分からなかったり、味付けが上手くいかなかったりで、なかなか思うような仕上がりにならない。しかし、材料をどう組み合わせ、どう仕上げるかは、ちょっとしたコツをつかめるかどうかなのだ。そこさえ分かれば、次を目指すことができる。完成形は常にその先にあるのだ。

このように、文章を書くことが身近な料理に例えられています。

ライターが文章力を鍛えるには自己流では限界がある

料理も文章も、上手くなるにはただ闇雲に自己流で作り続ければいつか早く・よいものが作れるというわけではありません。スピードを上げられるようにはなるかもしれませんが、それはプロが作るものではなく、あくまで素人の成果物です。

本を参考にしながら文章力を鍛えよう

文章を上達させるためには、必ずしも、大きな出版社や新聞社、大きなメディアで書いている必要はありません(料理も、料理学校や有名料亭で働いている人が必ず成功するとは限りませんよね)。

練習し、プロの技を盗み、本や先生から学び、そしてまた練習するという一連の流れをしっかりと繰り返すことが大切です。

身近で添削をしてくれる編集者などがいればベストですが、必ずしもよい編集者に出会えるとは限りません。

はじめは時間がかかってしまうかもしれませんが、今回ご紹介した本を参考にしながら進めることで半年、1年後には確実に文章力が鍛えられるはずです。

まとめ

ライターにおすすめの本を紹介しました。

ライターが文章を練習するには、単に数をこなすだけではなく、よい本で勉強するのがおすすめです。

ブログなどで文章力をあげたいWebライターの初心者や未経験者から、文章力をさらに鍛えたいライターまで、文章の上手な書き方が知りたいおすすめの本を紹介しました。

ぜひ本を活用しながら、ライターとしての文章力を向上させていってくださいね。

#ライターの文章力
#ライターになるには