「青田買い」の意味とは

「青田買い」とは新入社員の採用を行う企業が、通常よりも早い段階から学生に内定を出すことを意味する表現です。

慣用句「青田買い」の意味とは
新入社員の採用を行う企業が、通常よりも早い段階から学生に内定を出すこと。

「青田刈り」は間違った使い方?

文化庁『国語に関する世論調査』(平成16年、26年)では、約3割もの人が「青田刈り」が正しい使い方だと感じているという結果が出ています。

「企業が学生を早い時期に採用すること」を何というか

調査年度 「青田買い」を使う 「青田刈り」を使う
平成16年 29.1% 34.2%
平成26年 47.4% 31.9%

実際には、「青田刈り」は正しい使い方なのでしょうか?

実は「青田買い」が正しい使い方

3人に1人が「青田刈り」が正しい使い方だと感じていましたが、実際には「青田買い」が正解です。

青田刈りは、よく聞く表現ではありますが誤用です。

青田刈りは誤用
「青田刈り」は間違った使い方。青田買いが正解。

「青田刈り」が間違っている理由・由来

「青田刈り」はなぜ間違っているのでしょうか。

青田刈りの「青田」とは、収穫前のまだ青い状態の田んぼのことをあらわします。青田刈りの由来は、まだ稲穂(お米)が実らない状態で刈り取ってしまうことを意味します。収穫しても稲自体に価値がない状態で、早く刈っておくことが青田刈りです

企業が卒業見込みの学生を早期に社員採用しておくという意味をあらわしたいとすると、価値がない学生ではなく、これから育つ学生に内定を出したいですよね。

まだ育ち切っていない青々した田んぼを「刈ることで価値をなくしてしまう」のではなく、「買うことでこれから育てていきたい」ので、「青田刈り」は間違いだと言われています。

反対に「青田買い」は、普通は田んぼに稲が実ってから刈り取るところを、青田の時期に収穫があることを見越して先に買っておくことをすることをあらわしており、転じて、優秀な人材を早期に確保しておくことという意味になりました。

青田買いの例文・正しい使い方

「青田買い」は、次のような例で使います。企業が優秀な学生を早期に採用するときに使用します。

青田買いの使い方例
  • 企業がインターンで学生を青田買いすることが問題となっている。
  • 青田買いが進んで、就活の開始時期が年々早まっている。
  • あのサッカークラブでは若手の育成というよりも青田買いに走っているように見える。
  • どうしてもあの新築マンションが欲しければ青田買いするといいよ。
  • 青田買いにはメリットとデメリットがある。

青田買いの類義語・反対語

青田買いと同じ意味をあらわす同義語としては、先によいものに目をつけて買っておく「先物買い」「前買い」「先行投資」を使用することができます。

青田買いの反対の意味をあらわす慣用句としては、価値がないものを買ってしまう「青田刈り」や、いらないものを買ってしまうことを意味することわざ「安物買いの銭失い」などを使用することができます。

おわりに

「青田買い」「青田刈り」のどちらが正しい使い方か理解できましたか?

慣用句の誤用は意外と多く、中でも「青田買い」は間違いが定着している語でもあります。実際に、政治家やテレビタレントなども青田刈りという表現を頻繁に使用していたり、青田刈りと青田買いを同一の意味とする辞書もあります。

ただし、ライターとして多くの人に読まれるための誤解のない文章を書くためには慣用句の間違いは致命的です。よい文章の書き方には多くのコツがあるので、一朝一夕にはいきませんが、少しずつ覚えていくことが大切です。

慣用句の意味をしっかりと理解し、正しく使用できるようにしましょう。

#慣用句
#言葉の誤用
#ライターの文章力