句読点とは

句読点の読み方は、くとうてん。「くどくてん」と読む方がいますがそれは間違いです。「。」は句点、「、」は読点といいます。

句読点は、日本語の文の終わりや意味の区切りに付ける記号で、使い方にはルールがあります。ここでは、句点や読点の打ち方で一般的なものを解説します。

読点の使い方

まずは、読点の使い方や基本ルールについて解説します。

読点とは

読点は「、」のことです。

読点を使う場所

読点は、文章を読みやすくしたり、誤読を避けて内容を正しく伝えるために打ちます。

読点を使う場所

文を区切る場所。文が切れる部分には読点を付けます。

当時の委員長、速水さんが言った。

当時の委員長速水さんが言った。

誤読を防ぐ場所。主語のあと、修飾関係を明確にする時、漢字やひらがなが連続する時、名詞を並列で書く時などに読点を使います。

主語のあと(主語が長いとき)。特に主語が長い時には、主語のあとに読点を打ちます。主語の後に読点を打つことで、主語をはっきりさせることができます。

新刊の爆発的な売れ行きでお茶の間の話題となった緑川さんだが、

新刊の、爆発的な売れ行きでお茶の間の話題となった、緑川さんだが、

修飾関係を明確にする時。読点がないと意味が何重にも取れるため、読点で区切ります。

北島さんと、友達の姫川さんがついに走り始めた。
(この例では、走り始めたのは北島さんと姫川さんの2人です)

北島さんと友達の姫川さんが、ついに走り始めた。
(この例では、走り始めたのは姫川さん1人だけです)

北島さんと友達の姫川さんがついに走り始めた。
(読点がないため、北島さんが走ったのか、姫川さんが走ったのかが判断できません)

漢字やひらがなが連続する時。漢字やひらがなが続く場合には間に読点を付けます。

ここで、はきものを脱いでください。

ここではきものを脱いでください。

名詞を並列で書く時。名詞をいくつも並べて書く場合には間に読点を付けます。

山も、川も、谷も全てが美しい。

山も川も谷も全てが美しい。

読点を使わない場所

読点は、打ちすぎても少なすぎても文が読みにくくなります。次のような位置の場合には、一般的には読点を付けません。ただし読点をどのように使用するかは、原則書き手の自由に任されます。

読点を使わない場所

主語が短い場合。主語が短い場合には、読点をつけると煩わしくなってしまうため、主語のあとでも読点を付けなくても違和感はありません。

その情報は信頼できない

その情報は、信頼できない

なお・またなどの接続詞のあと。「なお」「また」といった接続詞のあとでも、原則読点を付ける必要はありません。「なお」「また」といった接続詞の多用は文章中ではあまり好まれません。

また彼はこうも言った。

また、彼はこうも言った。

接続詞のあとに読点を打つかどうかに関して、文法上は打っても打たなくても誤りではありません。ただし、句読点の正式な使用法は1946年に文部省(現、文部科学省)が『くぎり符号の使ひ方』にまとめています。そこでは、その文章を口に出した時の言葉の様子である「口調」によって読点を省略するとあります。そのため、実際に打つべきかどうかは文章で伝えたいイメージによるのです。さまざまな意見がありますが、接続詞の後に読点が入ることで、話しながら考えている小学生のような稚拙な口調になりがちだという指摘もあります。(『伝える力』池上彰、『新しい文章力の教室』唐木元など)

かぎ括弧の前後。かぎ括弧の前後には読点を付ける必要はありません。

今後の進め方については「技術担当に確認します」と述べた。

今後の進め方については、「技術担当に確認します」と述べた。

読点とは何か、読点のルールについてご紹介しました。

読点の使い方やルール

  • 読点は「、」のこと
  • 読点は20字以内の間隔くらいで打つとよい
  • 主語が長い場合、名詞を列挙する場合などは間に読点を付ける
  • 読点を使いすぎると文が読みにくくなるので、必要ない場面では使用しない

句点の使い方

次に、句点について解説します。句点は読点に比べるとルールが少なく分かりやすいので間違えることは少なくなります。

句点とは

句点は「。」のことです。

句点を使う場所

句点は文の終わりに付けます。ただし、かぎ括弧の中に句点がある場合には、句点を付けなくてもよいケースがあるので覚えておくことをおすすめします。

かぎ括弧がある場合の句点の使い方

かぎかっこの中の文には句点は付けない。
例:「この文章は未完成だ」

かぎかっこの直前に主語がある場合は、●●と述べたなどの述語が省略されているので、かぎ括弧の外に句点を付ける
例:彼は一言「この文章は未完成だ」。

丸括弧がある場合の句点の使い方

丸括弧の中の文には句点は付けない。
例:(説明を参考にする)

丸括弧の中身が部分的な注釈の場合には、丸括弧のあとに句点を付ける。
例:開催は24日(日本時間25日)。

丸括弧の中身が文章全体の注釈、筆者名、クレジットなどの場合は、かっこの前に句点を付ける。
例:彼らは良質のコンテンツ制作で成功を収めた。(編集部 田中緑)

句点とは何かや、句点のルールについてご紹介しました。

句点の使い方やルール

  • 句点は「。」のこと
  • 句点は文の終わりに付ける
  • かぎ括弧や丸括弧の文の最後には句点は必要ない

まとめ

句読点とは何か、句読点の打ち方や使い方についての一般的なルールをご紹介しました。

句読点は、たくさんつければ読みやすくなるわけではなく、適切な位置で使用することが大切です。句読点の正しい使い方を覚えて読みやすい文章ライティングにつなげましょう。

#ライターの文章力