Webライティングとは

「Webライティング」とは、Webでの掲載に最適化された文章を書くための方法です。

ライティングというと、紙媒体だけの時代には、新聞記者、雑誌記者などが行うものでした。しかし1990年代からインターネットが普及し、一気にWebサイトで検索をしたり文章を読んだりをする文化が広まりました。その流れの中で、Webの特徴に特化した文章を書くWebライティングがメジャーになってきました。

そして、Webライティングを行うのがWebライターです。

Webライターは、Webサイト・ブログなどのWeb媒体で記事を書きます。書籍や新聞などの紙媒体ではなく、インターネット上でWebライティングを行うことが特徴です。

Webライターには、Webの特徴やレイアウトを理解した記事を作成する能力や、オンラインでの集客(SEOやSNS)を意識した文章を書くスキルが求められます。

Webライティングとは

  • Webでの掲載に最適化された文章を書くための方法
  • Webライティングを行う人をWebライターという
  • Webライターには、Webの特徴を理解した記事作成力が求められる
  • SEOやSNSを意識した文章を書くスキルが求められる

Webライターの需要

毎日のようにメディアをにぎわせる日本の労働力不足ですが、ライターも例外ではありません。

ライターの中でも多いのがフリーランスで活動しているフリーライター。ライターはフリーランス業界の中で、デザイナーやエンジニアと並んで大きな割合を占めます。フリーランス自体の人数は、2015年からの4年で22.6%増加し、右肩上がりのため、今後さらにWebライターが増加していくと言われています。

Webライターの将来性

人手不足の現在、経験と実績を持ったライターは貴重で、Webライターを求める企業からのニーズが高まっています

ただし、必要とされているのは文章力があるライター。クラウドソーシングなどの発達で自称ライターが増えてきた今、しっかりとしたスキルを持ったライターへの企業オファーが増加しています。

Webライター初心者が身につけるべき記事作成の基本

文章が好きでWebライターになりたい方、紙媒体で書いてきたけれどこれからはWebでも記事を書いてみたいという方。

Webライター初心者が身に付けたい基本のスキルやコツを以下にまとめました。

ポイント1. Webの記事のレイアウトについて理解する

Webサイトの記事は、紙面ほど自由度が高くなく、だいたいどのサイトでも大まかなレイアウトは決まっています。

「タイトル」「アイキャッチ画像」「冒頭文」など、実際に書く必要がある文章を理解しておきましょう。

インタビュー記事レイアウト

1. タイトル

タイトルは記事の題名にあたる文章です。本文の内容を一言で言い表します。30文字程度が適切です。
通常、SNSでのシェアの際にトップに表示される文言や、Googleなどの検索エンジンの見出しとしても使用されるため、読み手にクリックされやすく、記事内容を一言で表現したキーワードが含まれていることが重要です。

2. アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は見出しにあたる画像です。SNSでのシェアの際に表示されるため、明るく目を引く画像を設定します。

3. 冒頭文

冒頭文は記事の内容を要約した文章です。120文字程度が適切ですが、文字数上限は記事を掲載する媒体によって異なります。記事のハイライトを分かりやすくまとめます。独自のサービス用語や社内用語は極力使わずに、どの読み手でも理解できるような一般的な言葉で書きましょう。

4. シェアボタン

facebook、Twitter、はてなブックマークなどのシェアボタンです。Webの記事ではシェアボタンは記事冒頭と、記事の一番最後に配置するのが一般的です。

5. 記事公開日

読み手やGoogleなどの検索エンジンに分かりやすいように、公開日を表示します。システム側で自動で入ることがほとんどです。最近は公開日以外に更新日も入れるのことが多いです。

6. 小見出し

小見出しは、段落ごとに段落の内容を一言であらわした文章です。通常10〜20文字程度です。小見出しの種類は記事を公開するメディアによって異なります。1種類の場合も、2種類やそれ以上の場合もあるので確認が必要です。

7. 本文

記事の本文の文章です。通常、文字数に制限はありません。本文の中に、例や引用をあらわすデザインが使われることもあります。

8. 写真

本文の合間に写真を挿入します。記事のタイプによりますが1つの見出しに1枚くらいの間隔で写真が入っていると、読み手がストレスなく読み続けることができます。

2. Webの記事の特性について理解する

Webの記事の特性について理解しましょう。Webでの記事は紙媒体とは異なる特徴がいくつかあります。中でも、必ず押さえておきたいものを以下で紹介します。

Webの記事の特性1. 視認性が低い

オンラインの記事は、紙媒体と違って視認性が低いことが特徴です。視認性が低いとは、一目で見て情報が理解できないという意味です。

雑誌などの記事は一目で全体を見渡せて、どんな情報がどのくらいの量書いてあるかを認識できます。しかし、Webの記事は、スクロールして一番下に行くまで全体を見渡して一目で情報を理解することができません

そのため、いかに読みやすくスクロールしてもらうかが重要となります。

Webの記事の特性2. レイアウトの自由度が低い

雑誌などの記事は、紙の範囲の中であればある程度自由にレイアウトをすることができます。

Webでは、狭い範囲の中でデザインを行うため、レイアウトの自由度は低くなります。あまり自由にレイアウトしすぎてしまうと、ユーザーがどこに何があるのか理解できず混乱し、サイトからの離脱につながってしまうため、ユーザーが慣れている配置から大きく離れないことが大切です。

Webデザインのほうがルールや制約が多く、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を意識する必要があります

Webの記事の特性3. 短時間で読む

紙の雑誌や小説などは、1日の中でもある程度まとまった時間で読むことが多いです。リビングやベッドでゆっくりと30分ほどで読むというスタイルです。

それに対してWebの記事は、移動中の電車、待ち合わせまでの空き時間、お昼休憩の隙間時間など、ちょっとした5〜10分ほどの時間で読むことが多いという違いがあります。

Webの記事の多くは、短い時間で読むため、読者は自分に関係のある情報かどうかをタイトルや冒頭文、流し読みをした情報から判断し、必要な情報だけをピックアップして読むという特性があります。

短い時間で読むことを前提に、全文を読まないと理解できないような文章ではなく、流し読みしても理解できる文章を心がけましょう。

Webの記事の特性4. 離脱しやすい

紙の雑誌や小説などは、有料で購入したり借りて読むケースが多く、1冊の媒体に対して、慎重にしっかりと読みます。

Webの記事では、無料でいくつものページから自分に必要な情報を探して読みます。探しながら読むので、自分に必要ないと判断したページからはすぐに離脱します

スマホでもPCでも、1クリックで簡単に離脱できるので、できるだけ離脱しにくくするのがポイントです

3. Webライティングで必要な文章作成のコツを理解する

ここまで解説した通り、Webの記事には紙媒体とは違う特性があります。ライティングを行う際には、これらを理解して文字を配置することが重要です。

Webライティングで必要となる記事作成の5つのポイントをご紹介します。

文章作成のコツ1. 文中の強調箇所を読めば文全体の意味が分かるようにする

文中の強調箇所とは、タイトルや小見出し、太字や下線部のことです。Webライティングでは強調箇所を用いて、文中の強調箇所だけを読めば文全体の意味が分かるようにします

次の例では、ライティングについて知りたい人が、小見出しと下線太字を読むだけで、他の部分を飛ばして内容を把握できるように工夫されています。

Webライティングとは?
「Webライティング」とは、Webでの掲載に最適化された文章を書くための方法です。
ライティングというと、紙媒体だけの時代には、新聞記者、雑誌記者などが行うものでした。しかし1990年代からインターネットが普及し、一気にWebサイトで検索をしたり文章を読んだりをする文化が広まりました。そのような流れの中で、Webに最適化した文章を書くためのWebライティングという手法がメジャーになってきました。

読者の目は、「Webライティングとは」→「Webでの掲載に最適化された文章を書くための方法」→「Webに最適化した文章を書くためのWebライティングという手法」と動きます。この文を読むだけで、Webライティングとは何かをざっくりと理解することができます。

ただし、強調箇所が多すぎるとどこを読んだらよいかがわかりにくくなってしまいます。太字や下線は多くても1〜2文に1箇所にとどめておきましょう。

文章作成のコツ2. 一文を短くする

Webではできるだけ、長い文章は避けて単文をリズムよく用いるようにします。

Webの読者の特徴は、短い時間で流し読みをすることです。そのため、理解のスピードが遅くなりがちな、長い文章は敬遠されてしまいます。

特に、複文や重複文は、意図的に用いる時以外には使用しないようにすることがポイントです。

文章作成のコツ3. 主語を省略しない

わかりにくいWebの文章でよくあるケースが主語の省略です。主語とは、文の中で誰が・何がにあたる文節ですが、日本語ではよく主語を省略することがあります。

主語を省略するのは、主語が分かりきっている場合や、前の文章に出てくるので繰り返しになってしまうような場合です。

しかし、Webの読者はかいつまんで記事を読むため、主語の省略はおすすめできません。重要な箇所ではあえて主語を入れるなどの工夫が重要です。

文章作成のコツ4. 指示語は使わない

Webでは「これ」「それ」などの指示語はなるべく使わないようにします。Webの読者は文章を頭から読んでくれるわけではなく、途中からかいつまんで読む人が多いためです。

途中から読んだ人でも、なんのことを言っているのかが分かるように、指示語は他の語に置き換えて書くようにしましょう。

文章作成のコツ5. 改行位置に気を配る

Webライティングでは、改行位置に気を配ることが大切です。読者が記事を見た時に、必要ないパートは飛ばし読みしやすいように、意味が1つにまとまる部分で改行を入れます

ただし、ブログなどでよくある、1文ごと・句読点ごとに改行するような方法はおすすめできません。あまりにも改行が多すぎる文章はかえって読みにくくなってしまうため、2〜3文に1箇所くらいの改行を入れることをおすすめします。

まとめ

Webライティング初心者が、Webライターとして記事を書くために必要な知識を解説しました。

次の記事も、ぜひあわせてご覧ください。

初心者Webライターが上手に文章をかけるための一助となれば幸いです。

#ライターの文章力
#ライターになるには