文章のリライトとは

リライトとは、一度記事を出した後に書き直すことを指します。Webの文章の場合は、紙と違って印刷をしていないので、比較的簡単にリライトが行えます。

※ サイトのポリシーでリライトを行わないという媒体もあります。

一度出した記事でも、あとから内容を修正、追記していくことで、検索流入が見込める記事に変身させていくことができる可能性があります。検索流入が見込めれば、多くの人に読まれる記事として長期的に記事単体でのアクセスが見込めるようになります。

※ サイトの構造や設計に不具合がある場合には難しいこともあります。

この記事では、実際に効果があった記事のリライト方法をご紹介いたしますので、ぜひ活用してみてください。

文章リライトで流入数が改善した記事の事例

Webでは記事の公開後にも、足りていない情報を追加していくことができます。その情報を知りたいと思っている人が欲しいと思う情報を追加し、ユーザーの満足度が高い記事にしていくことで長期的にアクセスが見込める記事にすることができます。

以下は、リライトによって表示回数を伸ばしたページの数値の変化の一例です。
リライトの数値変化

グラフは公開できない情報もあるため表示回数のみに絞っています。数値はマスキングしています。SEO寄りのテクニックとして、Google Search Consoleを見て記事をリライトしていく方法もありますが、ここでは触れません。

リライトにとりかかる前に

リライトにとりかかる前に、現状の記事のアクセス数を確認しておきましょう。テコ入れしたい記事を決め、どんなキーワードで検索した人に読んでもらいたいと思って書いた記事かを書き出します。

文章リライトのポイント

リライトでは、とにかくユーザーの満足度を高めるという観点が最大のポイントとなります。以下の点に着目し、ユーザーが満足するためにはどのような情報が追加で必要なのかを考えていきましょう。

ポイント1. ターゲットとするユーザー像を再考する

まずは、ターゲットとなる読者像をもう一度考えてみます。

記事の読者はどんな人でしょうか。

男性でしょうか女性でしょうか。仕事をしている人でしょうかしていない人でしょうか。具体的にどんなことに悩んでいる人でしょうか。何をどのように解決したいのでしょうか。記事作成の際に一度は考えたかと思いますが、もう一度客観的に深掘りして書き出してみます。

ここでは、深掘りする際に役立つサービスを2つ紹介します。

Yahoo知恵袋

インタビュー記事の企画準備1

Yahoo知恵袋』は、様々な人が悩みを質問し情報を教え合う情報掲示板です。あらゆるタイプの人のニーズを検索することができます。最新の悩みのタネや、まだ世の中の誰も解決できていないような問題点が見つかるかもしれない、悩みの宝庫ともいえるサービスです。

Googleトレンド

インタビュー記事の企画準備2

Googleトレンド』は、無料で使えるトレンドワードのチェックツールです。人気急上昇のキーワードや特定の キーワード の検索回数の推移を確認することができるので、旬のワードや、季節性のある話題の確認に向いています。

ポイント2. 情報の不足がなさそうかを考える

次に、現状の記事に、必要とする情報が不足していないかを考えます。

例えば「本の自費出版」について書いた記事をリライトするとします。

まずは、本を自費出版したいと考えているの立場に立って、どんな情報が必要そうかを書き出してみます。「ポイント1. ターゲットとするユーザー像を再考する」を行えば、その流れで具体的なキーワードが深掘りできるはずです。

本を自費出版したいと考えている人が知りたそうなことを書き出してみる
- 値段
- 方法
- 期間
- 出版社
- 安くできるやり方……など

ポイント3. 自分の記事に足りない要素を見つける

次に、実際に目標のキーワードで検索してみた時の検索上位(1〜3位くらい)のページにはあるが、自分の記事にはない要素を探します。

「本 自費出版」で検索すると、検索1位のページに書いてあることから要素を抜き出してみる
- 自費出版と商業出版の違い
- 業者の選び方
- 出版流通の基礎知識
- 印税についての知識
- 自費出版の価格表

先ほど自分で考えた「値段、方法、期間、出版社、安くできるやり方」と比較してみると、検索上位のページのほうが情報量が多いことがわかります。

ポイント4. ユーザーが本当に満足する内容の記事は何かを考える

ポイント1〜3の情報から、ユーザーが本当に満足する情報とは何かを考えます。自分のサイトに不足している情報はないのか、さらに満足してもらうにはどうしたらよいのかを発見し、追加でライティングを行います。

ポイント5. 文章にわかりにくい点がないかを確認する

せっかく読者が記事を読み始めても、わかりにくい文章ではすぐに離脱してしまいます。

Webで文章を読む読者の多くは、スマホで隙間時間にさっと記事を読んでいます。その特性を考えると、ながら読みしにくい、要点が掴みにくい書き方であれば最後まで読んでもらえないことがほとんどです。

わかりやすい記事の書き方インタビュー記事の書き方などを参考に、わかりにくい点がないかを確認しましょう。

まとめ

自分の書いた文章をリライトする際には、SEO的な観点も重要ですが、結局はSEOでも最も重要だと言われているのは「ユーザーに満足してもらうにはどうしたらよいか」という視点です。

競合サイトを確認しつつ、読み手が満足する内容を付け加えていくことで、ライターとしての成長につながるのではないでしょうか。

#ライターの文章力
#ライターになるには